ホーム   | はじめての方へ |  学ぶには?  |   書籍   |   連絡先   |   海外  

法輪大法ファルンダーファの紹介

 法輪大法(法輪功ファルンゴンとも呼ばれます)は、高いレベルの佛家修煉法として、李洪志先生によって初めて公に公開されました。

 法輪大法は、宇宙の最高特性である「真、善、忍」に同化することを修煉の基本とし、この最高特性を指針として、宇宙の発展の規律に従って修煉します。

 李洪志先生は、『法輪功』、『轉法輪』、『大圓満法』、『精進要旨』、『洪吟』など数多くの著書を通して、修煉とは何かについて説明されています。これらの本は現在、38カ国語に翻訳され、全世界で出版、配布されています。

・法輪大法についての詳細はこちらへ


初めての方へ

 法輪大法を始めるには、いくつかの方法があります。世界のほぼすべての主要都市で学ぶことができ、レッスンは全て無料です。また、著書、音声録音、録画をインターネットから無料でダウンロードすることができます。初めての方は、まず下記の方法から学んでみて下さい。

1) 入門書である『法輪功』を、インターネットから、もしくは書籍で読む。
2) 近くの煉功場を見つけて、座禅などの煉功、学法に参加する。(*)
3) オンラインのビデオで、基本的な煉功動作を学ぶ。

(*)可能であれば、この方法をお勧めします。


法輪の図形

 法輪大法のマークは「法輪ファルン」です。法輪は、太極(たいきょく)と卍(まんじ)から成っています。陰陽のシンボルである太極は古くから伝わる道家の教えを表し、卍は何千年にもわたって継承されてきた佛家の修煉を表しています。

・法輪の図形についての詳細はこちらへ



  

  
  • お問い合わせ/Contact us


  • 【明慧ネット】
    修煉体験・中国での迫害事実・世界各地での活動などを掲載しています。
    © 2012 NPO法人日本法輪大法学会